フランスでは認知症に対する治療の柱は薬物からホリスティックな療法(全人医療)に切り替わっており、他の欧州各国においても薬の限界を受け入れて、タッチケアを含め人同士のコミュニケーションを重視する医療観にシフトする流れが加速すると言われています。

 米国でもデール・ブレデセン氏らによるリコード法が注目されており、これもやはり従来の薬物療法とは一線を画す療法(食事内容や生活習慣の改善がメイン)です。

 一方、日本では依然として薬物療法が第一選択になっており、さらにポリファーマシー(多剤服用による薬害)に対しても広く認知されているとは言い難い状況です。ポリファーマシーについてはこちらの記事をご覧ください。

 人類の脳は互いのコミュニケーションを進化させることで発達したという説があります。事実コミュニケーションを完全に排除してしまうと、ほとんどの乳児が正常に発育せず死亡リスクも高まることが知られています。コロナ禍にあっては人類にとって必要不可欠とも言えるコミュニケーションそのものがいびつな形になっており、こうした事態は本当に看過できない状況だと言えます。

 スキンシップをはじめとする人同士の密接なコミュニケーションは脳の健全な発育にとってのみならず、実は老齢期の認知症予防にとっても極めて重要かつ大事な要素であることが分かっています。

 近年の疲労研究の成果として「脳疲労の放置はやがて認知症のリスクを高める」ことが示唆されています。BReINの臨床データからもMCI(軽度認知障害)発症に先んじて脳疲労の悪化があった事例が数多く報告されています。

 脳疲労の兆候は挙げたら切りがありませんが、たとえば段差のないところでの転倒など不自然なケガ、慢性痛、誤咬(誤って口の中を咬む)、視力の急激な低下、車の運転ミス(アクセルとブレーキの踏み間違い)、暑さや寒さに対する感度の低下、味覚や嗅覚の劣化、集中力の低下などなど…。

 これらを放置したままの人は認知症のリスクを負っていると考えられますが、環境の変化や家族内のスキンシップを含めタッチケアを続けることでリスクを回避できる可能性があることを、下の動画が示しています。認知症になってからでも遅くありません。脳疲労という視点さえあれば、薬に頼らない医療観がきっと見えてくると思います。

7分ほどの動画です