当院では新型コロナに対して様々な対応をさせていただいております(入室前の体温測定、室内の二酸化炭素濃度測定、抗ウイルス光触媒スプレーの散布、パルスオキシメーターによる酸素飽和度チェック、施術者自身の抗原キットによるセルフテストの励行等々)。

 なかでも換気対策には特段の配慮を行っています。窓を開けにくい冬場の対策として、24時間外気導入ダクトを増設することで、室温を下げることなく常時新鮮な空気を循環させる仕組みを採り入れています。

 当院は60~90分にお1人様の予約枠を確保する完全予約制ですので、待合室が混み合って密になるようなことは一切ございません。また一人の施術が終わる度、診察室内の消毒作業ならびに窓を全開にしての強制換気も励行しております。

 上記間取り図内の「軽井沢のカラマツ(アロマ)」についてはこちらのページで解説しています。

 院長は週2回抗原検査キットによるセルフ判定テストを週2回励行しており、常に陰性であることを確認しております(下の画像)。また体調が悪いときはテスト結果に関わらず、診療を控えるようにしております(その場合は患者さんに連絡して予約の変更をお願いしております)。