日本脳弾塑性学会が一般教材として重視するノーマン・ドイジ氏の著作「脳はいかに治癒をもたらすか」。この中で紹介されているトマティス・メソッド(聴覚トレーニングの一種)では、骨伝導スピーカー付きヘッドホンで音楽を聴く事を重視しています。

 骨伝導については補聴器やイヤホンにも応用されており、頭蓋骨を介した振動を脳に伝える手法として知られていますが、一般に骨が振動を伝える例として真っ先に思い浮かぶのは、耳の奥にある骨でしょう。

 200個以上ある人体の骨の中で一番小さな骨=耳小骨「つち骨、きぬた骨、あぶみ骨」。これらはわずか2~3ミリの大きさしかありませんが、鼓膜に伝わる振動を22倍に増幅して神経に伝えるという優れた振動伝達器になっています。
 
 このように頭蓋骨や耳小骨に備わっている振動を伝える特質は、実は他のすべての骨にも大なり小なり備わっていることが分かっています。一般に骨というものは骨格を支える部材-硬質かつ無機質なイメージ-と捉えられていますが、実は優れた電導体(→こちらのページで解説)であると同時に振動伝達器でもあると言えるのです。

 さらに、こうした振動伝達機能は骨のみならず、関節および皮膚・筋肉・靭帯などの軟部組織にも備わっていることが以下の実験によって示されています。

 解剖実習用のホルマリン固定されたヒト湿潤脛骨(膝から下の骨)を対象に、その共振周波数や減衰比および振動モードが関節や軟部組織の有無によって、どのような影響を受けるかについて比較検討した有名な実験があります。

 これによれば、関節や軟部組織は振動を吸収するだけではなく脛骨と一体となって振動していることが分かりました。このことから皮膚や筋肉の緊張変化はダイレクトに骨に影響を及ぼすことが分かったのです。

 この事実は臨床上の観察と合致します。シンスプリントや脛骨疲労骨折の症例では患側下肢の筋肉および皮膚の過緊張を認めるケースがほとんどです。精細な触診を行えば必ず分かります。

 とくにアスリートに認められる下肢の筋協調性の乱れ-たとえば屈筋と伸筋の同時収縮-は、抗重力作用の低下と共に骨への圧縮応力の増大を招き、ヤング率(変形強度レベル)の低下にも繋がります。

 余談ですが、私は大学(建築学科)時代、コンクリートの圧縮実験の最中、ふと頭の中で「人間の骨で同じ実験をしたらどうなるのかな?」と想像してしまい、その直後コンクリートが破壊された瞬間、自分のすねにズキンと痛みを感じて驚いた経験があります。

 今にして思えば、その体験はその後の自分の人生を見事なまでに暗示していました(苦笑)。そのような痛みについて、まさか自身がソフトペインと命名することになろうとは夢にも思いませんでしたが…。

 話を元に戻します。先に述べたように疲労骨折の多くの症例において、患部周辺の皮膚や筋肉の乱れた緊張変化が認められます。チキンオアザエッグ(骨折するから過緊張になるのか、それとも過緊張だから骨折するのか)と思われるかもしれませんが、私の臨床データでは、ほぼ間違いなく後者だと確信しています。つまり疲労骨折に先んじて皮膚や筋肉の過緊張が生じているのです。

 こちらのページで解説してあるとおり、人体の骨格はテンセグリティ近似モデルに相当します(これについてはこちらのページで解説しています)。日本の梶原

 

 

 

こちらのページでテンセグリティと人体骨格と圧電構造の関係について説明しています。