長時間のデスクワークで感じる疲労、肉体労働やスポーツで感じる疲労…、この両者の疲れは実は同じものであり、その真の原因は「脳疲労」であることが判明しています。

またHSPやエンパスをはじめ発達障害(当院では“発達個性”と呼称すべきと考えています)およびその境界例の方々は、とくに脳疲労のリスクが高いと言われています。

さらに転倒によるケガぎっくり腰、頑固な痛みしびれ頭痛肩こり不眠高血圧めまいふらつきうつ病から認知症に至るまで、あらゆる疾病の裏に脳疲労が潜んでいること-多くの症例に“隠れ脳疲労”があること-が分かってきました。

当院が所属する日本脳弾塑性学会において、こうした脳疲労の解消が劇的な回復につながることが多数報告されています。


“脳活”や“脳育”においては「五感の刺激」が大切だと言われています。“脳疲労の解消”でも同様であり、とくに触覚刺激(タッチケア) による効果が高いことが分かっています。


タッチケアは脳内の幸せホルモン(セロトニンやオキシトシン)を活性化させることで、ケガや慢性の痛みを取り除き、さらに発達個性やうつ病、認知症までも改善させることが世界中で報告されています。


当院が行っているBReINはタッチングやカウンセリングなど20種以上の施術を組み合わせる統合療法であり、「ケガの超早期回復」「痛みやしびれの改善」「発達個性のケア」「HSPやエンパスのケア」「うつ病やパニック障害の回復」「認知症の改善」「脳卒中後麻痺の回復」「手術後遺症の改善」「自律神経や内臓機能の回復」をもたらします。
 


BReINは「子供の健全なる成長、働き盛りの体調管理、高齢者の健康寿命」を支える次世代の医療技術です。

尚、効果の現れ方には個人差があります。